好き嫌いが激しい!猫の餌の選び方はどうすればいいの

猫は食べていた餌を見向きもしなくなることがある

ペットを飼う場合、餌を選ぶのも飼い主の大事な仕事になります。ハムスターやモルモットといった動物だと、専用のフードを食べさせるだけでいいので簡単ですが、犬や猫の場合、それぞれ好き嫌いがあるので大変です。特に猫の場合、餌に飽きることが多く、ずっと食べ続けていた餌をある日突然、見向きもしなくなるということが少なくありません。その場合、結局、飼い主が根負けして、別の餌を探しに行くということになります。では、猫の餌はどのような選び方をすればいいのでしょうか。

ドライフードとウェットフードのどちらがいいのか

まず猫の餌は大きく分けて、ドライフードとウェットフードの二種類に分けられます。ドライフードはカリカリとも呼ばれるもので、肉や野菜を乾燥させた総合栄養食です。水分がないので、ドライフードを食べさせる場合は必ず水を与えなければなりません。一方、ウェットフードは缶詰やパックに入った水分の多いフードで、ドライフードと違い、原料の形がそのまま残っています。ウェットフードの原料としてよく利用されるのは、魚と鶏肉で、一般的にドライフードよりも食いつきがいいのが特徴です。

栄養面ではドライフードだが食いつきのよさはウェット

では、ドライフードとウェットフード、どちらを選べばいいのかということですが、栄養面とコストを考えればドライフードの方です。飽きるという問題は確かにありますが、複数のドライフードをローテーションして食べさせるなどして対応することができます。ウェットフードは食いつきこそいいものの、栄養面ではドライフードに劣るものが多いです。ただ、水分が豊富なのでドライフードだけを食べているとなりやすい尿路結石の心配がありません。それぞれ一長一短があるのでうまく使う分けるといいでしょう。

優秀なブリーダーが在籍しているペットショップでは、初めて子犬や子猫を買う人に親切な対応が行われています。