お土産にもおうち用にも!京都のおいしい和菓子~お団子3選~

甘さと香ばしさの絶妙なバランス「すはま団子」

きな粉に砂糖と水飴を加えて作られる素朴な味わいのすはま団子。鎌倉時代、京都の和菓子店で作られたのが発祥と言われています。小ぶりなサイズで和色の赤、黄、緑の彩りがかわいらしいお団子です。口に入れるとまずシャリッとしたお砂糖の食感がして、それがすーっと溶けて、優しい甘味とともにきな粉の香ばしい味が広がります。ほどよい甘さが濃い緑茶や抹茶によく合いますね。小さいながらも素材のおいしさがぎゅっと凝縮された名菓です。

お抹茶の香り高い「宇治の茶団子」

まさに名前のとおり、宇治茶を使った香りよいお団子。宇治のいろいろな和菓子店で作られていて、お店独自の製法やこだわりがあって味も微妙に違うようですが、基本的には宇治抹茶と米粉と砂糖を練り合わせ、蒸して作るお団子です。控え目な甘さの中に深い抹茶の風味がして、これぞ京都という感じがしますね。新茶が出る季節にぜひお茶請けとしていただきたい和菓子です。もしご当地に行く機会があれば、お店によって違う茶団子の味比べをしてみたいですね。

京都の歴史を感じる味「みたらし団子」

日本中どこでも食べられるみたらし団子ですが、由来は後醍醐天皇の時代、京都の下賀茂神社の御手洗(みたらい)池の泡を模して作られた串団子がもとになってこの名がついたと言われています。今のようなたれをからめて食べるというスタイルは、大正のころ、神社参道にある加茂みたらし茶屋というお店が発案されたそうです。甘じょっぱいたれの絡んだ香ばしいお団子、時々無性に食べたくなりますよね。京都の和菓子というと上品な生菓子のイメージもありますが、串をつかんで頬張るお団子もまたいいものですね。

ずんだ餅は仙台の郷土料理として昔から愛されています。通信販売で買える所が多く、全国的に人気があります。