どのくらい耐えられるかしっかり把握してる?機械式時計の防水性について

進化している機械式時計の防水性

機械式時計と言えば、以前は非常にデリケートでわずかな水滴でもかかろうものなら、簡単に故障してしまうイメージがありました。しかし、昨今の急速な技術の向上によって防水性能が飛躍的に高められてきています。衝撃や磁力などと並んで機械式時計最大の敵であった水を恐れる必要は、最早無くなってきていると言っても過言ではないでしょう。しかし、必ずしも水の脅威が全て払拭されたわけではありません。しっかりと防水性能と必要な手入れを講じなければ、依然として水は機械式時計に牙をむくことがあるのです。

機械式時計の防水性能

機械式時計にはそれぞれ性能に応じた防水性能があり、「気圧防水」や「メートル防水」という形で表示されています。1気圧防水が10m防水に対応していますが、機械式時計の防水性能の表示は主に、雨に濡れる程度ならば問題無い3気圧防水前後から記載されます。水道の水がかかっても故障をきたさないのが5気圧防水、水に浸けても大丈夫なのが10気圧防水とされています。一般的にダイバーズウォッチと呼ばれる完全防水は、30気圧防水からのものを指します。

防水性能が高くでも過信は禁物!

どれだけ防水性能が高くても、例えばリューズを起こした状態で水をかぶると、機械式時計はあっさりと水が内部に浸入して故障してしまいます。また、ダイバーズウォッチでも内部のパッキンが劣化していれば浸水を起こすため、水の中で使用する際には事前に水に浸してみて問題無いのかを確認し、必要に応じてパッキンを交換するなどの手入れを行う必要があります。防水性能が高いモデルであろうとも、機械式時計は浸水してしまえば簡単に故障することを十分把握して、日々の手入れに臨みたい所ですよね。

パテックフィリップとはスイスの高級腕時計ブランドです。世界でも三大ブランドの一つに数えられ、大変高価ですが、日本でも愛好者が多く、また、長く受け継がれていく品質が評判です。