大切な思い出だから!写真の残し方の賢い選び方

写真データが増えすぎて困っていませんか?

写真を撮るのが趣味の人や、子供の成長過程を写真に撮っている人は、写真のデータが増えすぎて困っているということはありませんか?近年ではデジカメが主流になり、アナログカメラ時代のように家にネガやプリントが溜まっていくということはあまり無くなりましたが、デジカメでもどんどん写真を撮る人はデータの保存方法に困る場合があります。デジカメを使っている場合、データ保存に使うメモリーカードなどの容量いっぱいまで使ったら、他のメモリーカードを買って前の物は残すという方法もありますが、それではメモリーカードが増えてしまいますし、後で写真を探したい時などにも不便です。そこで写真の残し方を一度考えなおすことが有益と言えます。

写真データの残し方は万が一のことを考えて選ぼう

デジカメに撮った写真データの残し方としては、パソコンのハードディスクにデータをコピーして溜めていき、デジカメのメモリーカードに入っているデータはパソコンに移したら消して、また新しい写真を撮るのに使うという方法が一般的です。デジカメには多くの場合、パソコンに写真データを移してアルバムのように見られるソフトが付属しているので、それを使えばパソコンに弱い人でも比較的簡単にデータを管理することが出来ます。しかし、パソコンのハードディスクだけに写真データを保存していると、万が一パソコンが壊れてしまったら写真が見られなくなってしまうというリスクが考えられます。そこで、ハードディスクに入れた写真データのバックアップを取ることが大切になります。

大切な写真は特別な方法で残そう

パソコンのハードディスクの中に入れた大量の写真データを、もしもの時のためにバックアップするのにおすすめの方法としては、大容量のデータが保存可能な外付けハードディスクを購入し、そこにコピーしておくというものがあります。この方法は、パソコンに写真データを保存した後に自分で外付けハードディスクにコピーする手間がかかりますが、こまめに保存しておく習慣をつけておくと、万が一パソコンのデータが消えてしまった場合などに復旧させるのが簡単なことがメリットとなります。外付けハードディスクは値段が高いと思う場合は、オンラインストレージを使ってバックアップをする方法もありますが、その場合はセキュリティがしっかりしているサービスであることを確かめてから使うと良いでしょう。最後に、特にお気に入りの大切な写真はデータだけではなく、プリントにして持っておくのがおすすめと言えます。最近では、フォトブックという特別な写真を残すのに最適なサービスもリーズナブルに利用出来るようになっていますので、二度と撮れない思い出の写真はすぐ見られる形にして保存しておいてはいかがでしょうか。

インターネットで検索すると、ホームページ上から簡単にフォトブックを作成することができるサービスを見つけることができます。